夫から離婚したいと言われた妻の自己紹介

 

自己紹介とブログ案内

 

はじめまして。当ブログにご訪問いただきありがとうございます。運営者のりんこ(@rinko101010)です。

 

結婚生活17年、子ども3人、50代主婦。ある日突然夫から「離婚したい」と言われました。

 

「なんで?」

「理由は?」

「本気?」

「これからの生活どうするの?」

「子どもたちはどうするの?なんて言うの?」

と、言うことが、一瞬のうちに頭の中を駆け巡りました。

 

でも、正直、夫に離婚宣告されて思ったことは、「今じゃないんだよね。」ってことでした。

 

ここ何年もセックスレスだったし、最近夫の様子があきらかにおかしいことに気がついていたので、もしかして?と思うことはあったけど、今ではなく、できれば、定年してからの熟年離婚で・・・と思っていました。

 

夫から離婚したいと言われた妻の自己紹介&これまでの夫婦の経緯とブログ案内です。

 

スポンサーリンク

 

運営者りんこの自己紹介

 

  • 年齢:アラフィフ
  • 住居:関東
  • 性格:大雑把・適当・マイペース
  • 家族:私の連れ子2人(社会人)+夫との子ども(学生)

 

離婚までの経過

 

  • 2018年1月 夫からの離婚宣告。
  • 2018年2月 夫が家を出る。(別居生活開始)
  • 2019年1月 離婚の公正証書作成&不貞行為の慰謝料請求の手続きを弁護士に正式依頼。
  • 2019年3月 離婚届け提出。
  • 2019年3月 不貞行為の慰謝料を不倫相手に請求。
  • 2019年8月 不倫相手から慰謝料の振込完了。

 

浮気調査、証拠集め、弁護士依頼、不貞行為の慰謝料請求、公正証書作成など、ぜんぶ一人でやりました。

 

夫婦の経緯

 

交際3年、子連れ再婚、結婚生活17年。

 

子供が2人いるシングルマザーだった私と初婚だった夫。
3年間、子どもをまじえて交際し、夫の希望で再婚することになりました。交際中はとても順調で「この生活が続くなら結婚もありかな?」と思えるほど幸せでした。

 

でも、結婚数か月で浮気疑惑発生。(浮気の証拠がない)
その後、三男を妊娠、出産。そして、決定的な浮気発覚。(浮気の証拠がある)

 

「怒らないから本当のことを言ってみ?」と夫を追及したら、すでに3人と浮気済み。この時夫は、離婚せず結婚継続希望とのこと。

 

話し合ってはみたものの、現実問題として、子供も小さいし、離婚しても生活できないし、また離婚するのもかっこ悪いしと、仕方なく我慢して結婚生活を継続することとなりました。

 

打算だらけの夫婦再構築

 

夫婦再構築することになりました。
前向きな再構築ではなく、現実問題をふまえた上での打算だらけの再構築です。

 

離婚して貧乏するくらいなら、多少我慢しても結婚生活をつづけた方が得だからという、私の中の損得勘定の上になりたつ再構築なので、ある意味、再構築という名の地獄でした。

 

夫は私の気持ちにまったく気がつかず、再構築で少し優しくなった私の言動によろこんでいました。

 

そして何より夫が喜んでいたのは、夫婦生活の回数が増えたことでした。愛情=エッチの回数。エッチの回数=幸せ。と言うことらしいです。

 

関連記事
夫婦の寝室
子連れ再婚妻が夫に浮気されないように努力したこととは?

続きを見る

 

夫の浮気から仮面夫婦に

 

地獄の再構築期間も長くは続かず、夫婦生活の回数が減ったことに比例し、夫の小さな嘘が増えていきました。

 

簡単にバレる小さな嘘をつく夫にうんざりし、私は自分を守るための仮面をかぶりました。

 

  • 許すではなく、あきらめ。
  • 努力ではなく、我慢。
  • 話合いではなく、無言。

 

もともとシングルマザーだったので、子育て+家事+仕事を全部ひとりでこなしていました。

 

なので子育て+家事を手伝ってもらえなくても、専業主婦でいられるだけマシか。(浮気夫でも給料をもってきてくれるだけでありがたい。)という変な感覚になっていました。

 

夫がお給料を入れてくれるので、主婦としての務めはしっかりしていましたし、夫の行動にも文句も言わず、夫が聞かれて困ることは聞かず、嘘だとわかっていても、問い詰めることもしませんでした。

 

喧嘩をするのも面倒だったし、本当のことを知ったところで別に今の生活が変わるとも思えなかったから。それに、これ以上、夫に絶望したくなかったから

 

仮面夫婦も慣れてしまえば、思ってるほど悪くないな、意外と居心地いいかも?と思えるようになっていました。

 

離婚するなら定年後

 

仮面夫婦にも慣れてしまいましたが「今のままでいい!」とも思っていませんでした。
仲のいい夫婦になりたい願望はあるものの・・・「やっぱり、夫とは無理だな。」とも思いました。

 

そして離婚するなら、夫の定年後だな。と思っていました。
末っ子も成人になってるし、給料をもってこない夫は必要ないから。(苦笑)

 

だから、夫から離婚と言われて「今じゃないんだよね~」としか思えませんでした。

 

末っ子もまだ小学生だし、経済的にもキツイし、今は離婚できません。

 

それが、今の私の答えです。

 

でも、この答えが不満だったようで、

その数週間後、夫は家を出て行きました。

 

これからの人生を考える

 

さて、そろそろ仮面夫婦生活にも決着をつけなきゃいけない時がきたのかもしれない。

正直、このまま、愛とセックスのない結婚生活を続けていても、私は何の問題もなかった。

 

確かに寂しいし、子供が巣立ったあと夫婦二人になったらどうするの?という不安もあったけど、そんなことどうでもよいくらい、夫にも結婚生活にもうんざりしていた。

 

正直、子供がいるから生きてるだけで、いなければいつ死んでもいいと思っていた。

 

でも、ここで離婚を突き付けられたことで、新たな目標?目的?生きる意味?を突き付けられた気もした。子供を育てる。子供を不安にさせない。経済的な自立。

 

離婚するのか?しないのか。どっちに転ぶのかわからないけど、これからの経緯と生き方をこのブログにつづっていきます。

  • この記事を書いた人
りんこ

りんこ

ある日突然夫から離婚宣告された50代主婦の離婚体験談。 夫からの離婚宣告→別居(夫が勝手に出て行った)→不貞行為の慰謝料請求→離婚届提出までの記録。

-夫からの離婚宣告

Copyright© 夫から離婚したいと言われた時に読むブログ , 2020 All Rights Reserved.