今後のために2冊の離婚本を購入しました。

本

離婚する気はあまりないのですが、離婚しなくちゃいけないかもしれないので(謎)離婚本を2冊買いました。
現物があるとちょっと抵抗があるので、電子書籍を購入。

「本はやっぱり紙じゃなきゃ!」と思っていたけど、こんな時電子書籍は便利ね。あってよかった。

スポンサーリンク

岡野あつこさんの本を買った

購入したのは、夫婦問題研究科、離婚カウンセラーでもある、岡野あつこさんの本です。

パラパラっと見てみたけど、「離婚したい女性が読む本」って感じがしました。
夫から離婚宣告されてる妻が読む本じゃないかも?まだよく読んでないんだけど、時間のある時に読んでみたいと思います。

2つの質問でわかる、別れ時

岡野あつこさんの記事で面白いのがあったので紹介します。
「バツ2」の離婚カウンセラーが教える たった2問でわかる「別れ時」

損か得かではなく、好きか嫌いかがわかる2つの質問だそうです。

「もし夫(妻)が目の前で交通事故にあったら、『しめしめ』と笑えるか、泣くか」
「海で子ども、夫(妻)、親がおぼれていたら、どの順番に助けるか」

「しめしめ」と笑える、助ける順番が夫(妻)が最後なら愛情がないってことになるそうです。

私は、しめしめとは笑わないけど悲しいだけの感情ではないきがする。(笑)子供を一番に助けるけど親よりは夫を助けるかな。どっちも中途半端だなぁ。

ま、実際にそうなってみないとわかんないんだよね。
もしかしたら号泣しちゃうかもしれないし、夫を一番に助けちゃうかもしれないし(あ、これだけはないな。)

仮面夫婦で感情を封印していたので、自分がどう思っているかなんてわかんないよねぇ。そもそもさ、私がどう思っても、何も変わらないから仮面かぶったんだしさ。

こじらせすぎて考えるのが面倒くさい

好きとか嫌いとか、損とか得とか、メリットとかデメリットとか、いろーんなこと考えながら仮面かぶっちゃったんで、こじらせすぎて考えることすら面倒くさいわ。

そもそも50になってこんなこと考えるのが、嫌なんだけどー。

年齢を重ねるごとに男性はロマンチストになり、女性はより現実的になっていく。これが男女の心理らしいよ。そして、もう少しで男として終わりとか、女として終わりとか・・・期限みたいのが見えてきちゃうと焦るのかもね。

そーゆうのって自己解決できないのかなと思っちゃうけど、できないからジタバタするんだろうなぁ。

  • この記事を書いた人
りんこ

りんこ

ある日突然夫から離婚宣告された50代主婦の離婚体験談。 夫からの離婚宣告→別居(夫が勝手に出て行った)→不貞行為の慰謝料請求→離婚届提出までの記録。

-離活日記

Copyright© 夫から離婚したいと言われた時に読むブログ , 2020 All Rights Reserved.