夫婦で離婚の話し合いをしても無駄なので本気で弁護士に依頼することにした

夫婦関係

突然夫が荷物を取りに来た。
誰も帰ってくるはずのない時間に鍵がガチャっとあき、玄関から誰かが入ってくる音がする。

誰?

「はぁ?」「なんで突然くるの?」「何しに来たの?」「キモっ。」
いろんな感情が入り混じって、めっちゃ心臓がドキドキした。感情だけをぶつけてしまうといろいろと不利になるのでとにかく「冷静に!落ち着け!」と自分に言い聞かせた。

ちょうどよかった、話があるから。

と、冷静を装って、これからのことを話し合おうと思っていた。

スポンサーリンク

夫と二人で話すと感情が先に立ってロクなことがない

夫婦喧嘩

荷物を取りに来たという夫。
何事もなかった顔で「みんな元気?」「お爺さんは?」と家族の様子を聞いてくる。でも、決して興味や心配からでなく、「今日はいいお天気ですね。」程度の世間話しレベルの会話。

めっちゃイラつく。

夫の顔をみたら、怒りがこみあげてきて、会話を聞いたらイライラがMAXになって、ついつい言わなくてもいいことを言ってしまった。

あのさ、ちょっと調べさせてもらったんだけど、あなたがなんで家を出たのか、どこに住んでいるかもわかってるよ。
女が誰かもわかってるよ。あの女ありきでの家出でしょ?あの女じゃなかったら(金を持ってなかったら)あんたが家をでることなんてできなかったじゃん。

愛されてないとか、居場所がないとか言ってたけど、結局のところ、不倫で家を出ただけじゃん。
・・・・(ちょっとここには書けない理由)、あんたも女も頭がおかしいとしか思えないよ。

あーあ。感情にまかせて言わなくてもいいことまで言ってしまった。(滝汗)

どんなに冷静に話をしようと思っても、二人で話すと結局私の一方的な感情を吐き出すだけになってしまう。夫は都合の悪いこと(答えたくないこと)は、一切無言なので、その反応にイライラして、余計なことまで言ってしまうのだ。

要するに夫婦喧嘩の域を超えないってことだ。

二人で話すと「あの時、こう言った、言わない。」の感情論になり、何十年も前の過去の出来事までほじくり返し、そこでまた感情的になる。

結局、お互いが「私は(俺は)悪くない、我慢した。」を主張し、「話し合っても何もわかってくれないんじゃん。」ってことでアホくさくなって話が終わる。

そもそも、話し合いで解決できてるなら、今こんな状態になっているわけがないので、話し合うことが無駄なんだと、改めて気が付いた。

やっぱり、他人を入れるべき。弁護士必須。

不倫をあっさり認める

家を出た理由がわかった。今住んでいるところもわかった。

と言ったら、あっさりと不倫を認めました。認めたというか、誘導尋問にひっかかったというか・・・。もうバレてるみたいだし、じたばたしても仕方ないと思ったのか、不倫していることを認めたのでこれはこれでよしとする。

でも、私が知っている事実を言わなかったら、今でも不倫をしていないと隠し通していたんだろうなと思う。

「やべ。本当にバレてる。」と思ったからこそ認めたんだろうな。やっぱりさ、不倫の証拠って大切よねー。相手が怪しい行動をしていたら、即証拠集めするべし!ってことだ。

参考不倫の証拠発見した。やっぱり夫からの離婚宣告の裏には女あり!

【追記】
あっさり不倫を認めたのに、数日後「不倫はしてない!」と否定してきた。(シネ)
離婚の話し合いでは「会話の録音必須」どこまでも嘘をつき続ける夫にうんざり。

反省も謝罪もない

不倫は認めたけど、反省も謝罪もなし。
別にいまさら反省されても謝罪されても、離婚はするし、慰謝料も養育費も財産分与もがっつりいただくつもりなんだけどさ、なんか気持ちがスッキリしないのよね。

私の数十年の我慢や努力が全く報われない、誰にも理解されない。

そんなことが、むしょーに腹が立つ。やりきれない思いってーの?消化できない感情よ。ホント腹立つ。

夫に少しでも「悪かった」って気持ちがあれば、それを言葉にしてくれていたら、私の反応も多少は変わっていたかもしれない。
でも、言い放ったのは、予想外の言葉だったのよね。

「車の税金を延滞金が付くまで払わなかった、そーゆうだらしないところが嫌だった。」
 と言われたのよね。

「え?今、なんて?」
 思わず聞き返したわ。

確かに、私、ズボラなんで支払いを忘れることはよくある。
でも、言い訳させてもらうとさ、食費や生活費優先で、車の税金なんてあとまわしになっちゃうわけよ。あんたの少ない給料だと。それでも、最終的に払っているんだからいいじゃん!と、思っちゃう。

それにしても、意味がわかんない。

車の税金の遅延が嫌だから不倫すんのかよ?
他の支払いは口座引き落としだから遅延してませんけど。ぷ。

車の税金は遅延しましたが、外壁や屋根のリフォーム代、壊れた給湯器とガスレンジの交換代、子供たちの学費、足りない分の日々の生活費などもろもろ私が出しましたけど~~~~。

なんか、もう、やっぱり頭がおかしいとしか思えない。

もう、話したくないので、弁護士さんにお願いすることにしました。

二人で話すのは無理なので弁護士さんにお願いする

弁護士費用も高いし、なんか大ごとになるのも気が引けるし、どうしよっかな?って少し迷いがあったのですが、今回夫に数分会って、話してみて、決断しました。もう二人で話し合うなんて無理だ。そう確信した。

すべてを弁護士さんに依頼します。

いまだに自分に合う弁護士さん探しをしているところですが、今月中には決めたいと思います。

離婚、男女問題に詳しい弁護士さんを探すのって大変ですね。頑張りますよ。

  • この記事を書いた人
りんこ

りんこ

ある日突然夫から離婚宣告された50代主婦の離婚体験談。 夫からの離婚宣告→別居(夫が勝手に出て行った)→不貞行為の慰謝料請求→離婚届提出までの記録。

-離婚準備

Copyright© 夫から離婚したいと言われた時に読むブログ , 2020 All Rights Reserved.