介護とストレスと親子の愛情

ハート

私は幼い頃、母を亡くしたので、父に育てられた。
今から5年前、一人暮らしだった父を引き取り同居することになった。

夫が快諾してくれたから、同居して介護することができ、親孝行できているので、このことにはとても感謝している。

同居をはじめてすぐに脳梗塞になり、認知症がひどくなった。
年齢を重ねるごとに、行動にも手助けが必要になり、現在は何をするにも介助が必要になった。(要介護3)

スポンサーリンク

介護の現実は、孤独とストレス

父に育ててもらったので、私が父を介護する。

そんな単純な気持ちで同居したのですが、気持ちだけではどうにもならない現実があった。

  • 介護はとても孤独。
  • 認知症なので会話が通じない。
  • 何をしてもすぐ忘れてしまう。
  • 目が離せない。
  • 手がかかる。
  • 想像以上に体力が必要。
  • そして何より先が見えない。

私を育ててくれた父だから。人間嫌なことから逃げたっていいことはない。人生最後の時だから幸せに過ごしてほしい。介護は大変だけど、ここで投げたしたら絶対後悔する。そんな思いで毎日過ごしていた。

親子の愛情とは何だろう?

1月半ばから父は肺炎で入院している。
長年の喫煙ですでに肺気腫になっていたところに肺炎になったので入院が長引いているし、もう家には帰ってこられないかもしれない。

そんな父が、私がお見舞いに行くと必ずこんなことを言う。

「俺はもう90歳まで生きてるんだから大丈夫。ここで寝てればいいんだから大丈夫。」
「毎日来なくていいよ。車で来るときは事故に合わないように気を付けて。」
「お前の家族はみんな元気か?子供が待ってるから早く帰れよ。」

半分ボケてるのに、私のことだけはわかって、必ず「俺は大丈夫だから。」「毎日来なくていいから。」と私を気づかってくれる。

あぁ、私はこの父に育てられたんだ。最後までしっかり看取らなきゃと。大変でも頑張ろうと思える。

これが親子の愛・・・だよね。

なついてないから子供はいらない。これは何?

夫は言った。
三男は俺になついてない。俺がいなくても平気だし普通に暮らしていける。だから、いらないって。捨てるって。

父は私を育ててくれた。夫はなついてないという自分の勝手な感情で子供がいらないという。ナニコレ?

私のことや、血のつながらない上二人の息子のことは、心のどこかで仕方がないと諦められる。でも、血の繋がった自分の子供をいらないってって言った夫の顔が忘れられない。

愛されないと文句を言う割には、一番愛してあげなきゃいけない子供を愛さない。

愛さないから、愛されないんだよ。

離婚話と介護でストレスMAX

父のことで(介護施設を探さないといけない。)頭がいっぱいなのに、突然離婚って話になって、話せば話すほど夫の言葉は私を傷つける。グサグサ刺さる。

離婚話がでてから体重が3kg減って、毎日胃が痛い。お腹の調子がめちゃくちゃ悪いよ。ストレスで体調不良だ。

こんな生活が続くなら、キレイさっぱり・・・と思うけど、そうもいかない。仮面夫婦の方がどれだけストレスがなかったか。離婚って現実を突きつけられると・・・辛いわ。

こんなに頑張っているのに捨てられる私たちって夫にとって何だったのでしょうかね。
愛ってなんなのでしょうね。
愛されてないのは私たちの方なんじゃないでしょうか?

  • この記事を書いた人
りんこ

りんこ

ある日突然夫から離婚宣告された50代主婦の離婚体験談。 夫からの離婚宣告→別居(夫が勝手に出て行った)→不貞行為の慰謝料請求→離婚届提出までの記録。

-離活日記

Copyright© 夫から離婚したいと言われた時に読むブログ , 2020 All Rights Reserved.