仮面夫婦が離婚を決断するきっかけは?仮面夫婦期間=離婚準備期間

仮面夫婦が離婚を決断するにはきっかけが必要だと実感!

夫から離婚宣告されて約2ヶ月。夫が家を出て行って約3週間になります。

離婚宣告をされた当初は、夫の浮気も不倫も嘘も全部ひっくるめて、離婚するより仮面夫婦でいる方がメリットがあると思っていたので、「離婚?するわけないじゃん。仮面夫婦のままで十分。」ってのが私の気持ちでした。

でも、だんだん気持ちが「離婚」する方向に傾いてきました。
何年も仮面夫婦を続けていた私が「離婚」を決断するまでのきっかけは何なのか?どう気持ちが変わったのかを残しておきます。

スポンサーリンク

仮面夫婦になった理由

仮面夫婦になった理由は夫の浮気です。
結婚する前、浮気はしないって約束しましたが、ふたをあければ浮気三昧の結婚生活でした。

浮気はしないで。浮気したら許さない。
浮気なんてするわけないじゃん。絶対しないよ。

浮気をするには時間とお金が必要になる。
そのために、小さい嘘をつくようになり、やがて嘘が積み重なる。

その場しのぎの嘘なので、夫自身もいつ、どんな嘘をついたのか忘れてしまい、積み重ねた小さい嘘のボロが次々でてくる。問いただすと無言になる夫。

一方的に私が怒り、それを黙って聞き続け、ただ時間が(私の怒りが)過ぎるのを待つだけの「話し合い」。こんなの何回しても無駄だと感じた。

夫の嘘を聞き続けることにも、問いただすことにも、無言が続く話し合いにも嫌気がさした。そして仮面夫婦になった。

  • 給料を持ってくるだけマシ。
  • 暴力を振るわないだけマシ。
  • 文句を言わないだけマシ。
  • 子供に普通に接してくれるだけマシ。

夫の嘘を聞かなかったことにして、夫の行動を見なかったことにすれば、なんとか生きていける。私と子供の生活は守れる。

触らぬ神に祟りなし

そう思って、生活していた。(苦笑)

仮面夫婦が離婚しない理由

結婚してすぐに浮気疑惑が発覚した。
本当はその時にいさぎよく離婚をしていれば、仮面夫婦になることもなかったし、お互いに別の人生を歩めたかもしれない。

でも、離婚という選択をしなかった。なぜなら・・・

  1. 子供が小さくて、経済的に不安だったから。
  2. 再婚(私)したばかりで、これ以上バツをつけたくなかったから。
  3. 子供の苗字の変更、手続きなどが面倒だから。(子供に負担をかける)

やっぱりお金の問題が一番大きかった。
幼い息子二人を抱えての再婚でした。その後、夫の子供を妊娠・出産。子供を3人抱えての離婚は考えられなかった。

貧乏するくらいなら、夫の浮気を我慢した方がマシというのが私の選んだ答えでした。

それともう一つ。

私は離婚経験者で、前の結婚でも夫の浮気(不倫)が原因で離婚しました。
それがトラウマとなり、「浮気(不倫)されるのは、私に何か問題があるんじゃないか?」そんな思いがどこかにあったから、すぐに離婚に踏み切れなかったのかもしれない。

「浮気(不倫)するのは、夫のせいではなく、私が原因?」そんな不安がずっとあった。

仮面夫婦が離婚を決断するきっかけ

ずっと仮面夫婦でいいや。と思っていたのに、離婚する方向に気持ちが傾いている私。なぜなのか?考えてみた。

  • 不貞行為の証拠があり、法的に有利な離婚ができる。
  • 子供2人が成人したので、経済的&精神的負担が少し減った。
  • 夫のいない生活が思った以上に快適だった。

夫の言動を見ない、聞かない、言わないで過ごしていても、夫の存在があるだけでストレスでした。夫の帰宅時間前には寝室に行くようにしていたし、夫の休日には、なるべく家にいないように外出予定を入れたりしてました。

夫が家を出て3週間。
夫がいない生活がこんなに快適だとは思いませんでした。

最初は、「こんなに我慢してきたのに、なんで私と子供たちが捨てられるわけ?」と怒りに満ちていましたが、実際に夫がいなくなってみると「家が臭くない。」「夫の存在を意識しなくていい。」「いつ襲われるかビビらなくていい。」と快適なことばかりです。

そして、友達のひとことが心に響きました。

離婚したくても、夫を家から追い出すってめっちゃ大変なんだよ。女を作って家を出て行ってくれるなんてちょっとうらやましいよ。

「離婚するから、家を出ていく。」ってのは、意外と簡単だけど、家から追い出すってのはすごく大変で、相当の理由がない限り、普通は家から出て行かないもんだよ。うちの夫は絶対出て行かないと思う。だからいざとなったら家を売って(友達の親が建てた家なので)夫を捨てるわ。とも言っていました。

今が私にとって有利に離婚できるチャンスなんじゃないか?そう思たら、このチャンス、逃してなるものか!と思っちゃいました。

仮面夫婦生活を長く続けたことで、子供たちは成長し、上二人は成人し、末っ子はあと数年で中学生になる。子供が成長してくれたので、仕事と子育ての葛藤もなくなる。

経済的な不安も、仮面夫婦の時間を使って、在宅でも夫の扶養から抜けるくらいは稼げるようになった。でも、離婚したらそれだけでは不安なので、働きには行く予定。

そう、仮面夫婦でいる時間=離婚への準備期間として、十分役に立ってくれた。仮面をかぶって我慢した時間は無駄ではなかった、そう思いたい。

まとめ

仮面夫婦になるには、それ相当の理由があると思います。
でも、仮面をかぶってまで結婚生活を続けると決断したなら、その時間を後悔しないように自分のために使ってください。

私も「こんな生活うんざり・・・」と思いながら、何もしないでダラダラ過ごしてしまった時期がありましたが、今となれば、その時間がもったいなかった。もっと有意義に使えばよかったと後悔しています。

まずは、経済的にも精神的にも自分が自立することを考えて行動する。
たとえ、この先も仮面夫婦生活が続いても、離婚を選択することになっても、自分が自立していれば、怖いものはない。そう思うから。

  • この記事を書いた人
りんこ

りんこ

ある日突然夫から離婚宣告された50代主婦の離婚体験談。 夫からの離婚宣告→別居(夫が勝手に出て行った)→不貞行為の慰謝料請求→離婚届提出までの記録。

-離婚準備

Copyright© 夫から離婚したいと言われた時に読むブログ , 2020 All Rights Reserved.