9か月間で不貞行為の日数はなんと60日。これは多いか?少ないか?

明日、女性の弁護士さんに離婚相談に行くので、不貞行為の日数がわかるように数えていました。

約9か月間のLINEのログから拾った不貞行為日数60日、うち泊まりが20日。デートのみ(不貞行為の確定がとれない日)4日。でした。
つ、つ、疲れました。(涙)

計算したら4.5日に1回はやってるってことになるんですが・・・。
不倫パワーってすごいなぁ。覚えたてのサルかよ。気持ち悪い。

スポンサーリンク

不倫してやることは1つ

不倫してやることと言えば1つ。エッチしかなくて、会えばやるし、やるために会うし、それが幸せで、それが愛だと思っちゃうんだよね。
でも、そこに生活はない。子育てもない。介護もない。何もないんだよ。

だから、会って、やって、気持ちよくて、幸せで、これが愛、一生続けばいいのに、続くよね?と思ってしまう。

少し冷静で頭のいい人なら、「こんなの続くわけねーだろう?」ってことに気が付いてるから、そこそこに楽しんで、割り切って付き合える。大人ならたぶんそれが利口なやり方。

もしも、私が不倫するなら、そーする。美味しいところだけいただきたい。(笑)しないけどね。

不倫で頭がいかれている二人には、きっと永遠の幸せが見えるのでしょう。ま、それもいいではないか。ぜひ、永遠の幸せをみつけていただきたい。

夫が本当にしたいこと

971ページのラインログ

900ページもあるLINEのログを読んでいたら、夫が本当にしたいことは、毎日エッチして、毎日イチャイチャしていたいのだろうと思った。不貞行為の後、必ずお互いが帰宅してから、今日のエッチはよかたっとか、すごかったとか、こんなの初めて~とか、最高~とか、今日の感想を2時間近く話している。

私からしたら、アホか?いい年して気持ち悪い。

と思うのだが、夫はこーゆう会話とエッチが楽しいのだろう。
自分に自信がないところを、誰かに褒めてもらえる、認めてもらえる、喜んでもらえることが、嬉しいのだろう。

人として、とても気持ちはわかる。
私だって褒めてもらって、認めてもらって、頑張った分、相手が喜んでくれたら嬉しい。でも、それはエッチではない。むしろ、エッチではなく、人として認めてほしいと思う。

でも、夫はエッチありき・・・なので、エッチがない=評価ゼロってことなんだろう。

最初から、合わない二人だったんだなぁ~と、つくづく感じた。

居場所がない原因は?

「俺の居場所がない」ってセリフがたくさん出てくる。

居場所がないのは、それ相当の理由があるからであって、最初から居場所がなかったわけじゃない。
浮気して、不倫して、嘘ついて、家事も育児もノータッチで、都合の悪い時は無言で、話し合いにもならないから、こっちが諦めたんだよ。

LINEのログに赤ペンで添削して送り返したいくらいムカつく。

不倫男のセリフは、いつも自分にとって都合のいいことばっかりで、嘘ばっかり。そして、その嘘を信じてしまう不倫女。

「私なら、絶対そんなことしなぁ~い。」「あなたの居場所はここにあるよ。」って、愛に溢れるセリフを言うけど・・・不倫男の薄っぺらい嘘がはがれてきたら、そんなのんきなことは言ってられないよ。

居場所がないのは、自業自得。仕方ないよね。

夫に対する憎しみはない

夫婦関係

いい年して、エロで気持ち悪い夫なのですが、夫に対する憎しみはあまりない。
正直、夫に対してはとっくに諦めていたので、今更何があっても、特別な感情がわかないってのが本音。

「養育費や慰謝料がいくらとれるかな?」とか、「住宅ローンの返済をきっちりしてもらう法的手続きは?」とか、そっちの方がめっちゃ大切。ここが一番重要。

夫は今の彼女といる方が幸せだろう。
なんせ、仕事もできて、人望があって、エッチが上手で、素晴らしい男と認められているのだから。

夫は優しいけどとても弱い。
弱さが優しさに感じるけど、本当はただ弱いだけ。
弱いから弱さを隠すために、とても頑張る。自分のために頑張る。相手のためと見せかけて自分のためにだけに頑張る。

でも、その頑張りは評価されてナンボなので、相手に認めてもらえないとじょじょに努力をやめ、やがて目がよそに向いてしまうのだ。また自分を認めてくれそうな、相手を探しだす。

そんな弱い男といると女は強くなる。彼女もいつか強くなる。その時夫が邪魔になる。

その前に・・・なんとかしなきゃ!と私は今本気で思っている。離婚するなら今がチャンスだと。ぷぷ。

  • この記事を書いた人
りんこ

りんこ

ある日突然夫から離婚宣告された50代主婦の離婚体験談。 夫からの離婚宣告→別居(夫が勝手に出て行った)→不貞行為の慰謝料請求→離婚届提出までの記録。

-夫の浮気調査

Copyright© 夫から離婚したいと言われた時に読むブログ , 2020 All Rights Reserved.